2013年11月6日

iPad Air に Smart Cover を装着。iPad 4th との違いなど

スポンサード リンク

Ipadair smart cover 20131106 8

iPad Air 購入時に iPad Air Smart Cover も同時に購入したかったのですが、ボクが購入した店舗では赤のみの入荷だったので購入は見送り。

そのうち入荷するだろうと数日経って再度店舗に足を運んでみたのですが、どうやら入荷は当分未定とのこと。

ボクの場合 Smart Cover はカバーとしてよりもスタンドとしての役割が強いのでそろそろ不便かなー、と。

そんなわけで、今回は Smart Cover のみ Apple Online Store で購入する事にしました。

Apple Store で iPad Air Smart Cover をポチる

実はボク、amazon や 楽天ではちょいちょい買い物をしていますが、Apple Store で買い物をするのはコレが初めてでした。

購入手順など特別な事は無いのですが、Apple から直接購入するというのはそれはそれでキモチイイかもしれません。

ただ、量販店で受けられるような割引やポイントのサービスがないのでその点を考えるとちょっと微妙です。定価ですし。

商品到着

Ipadair smart cover 20131106 0

Apple Store から荷物が届きました。

出荷予定は1〜3日営業日となっていましたが、注文の翌日発送、さらにその翌日着という日程で届きました。

Apple らしい梱包をしているのかと思いましたがそうでもありませんでしたw

iPad Air Smart Cover Black

Ipadair smart cover 20131106 1

今回オーダーしたのはブラック。4,080円也。

ホントはライトグレーやアイボリーなど、落ち着いた色ががあればよかったのですが、ブラックの他は鮮やかなカラーのものばかりだったのでコレにしました。

実際に装着するとどの色も綺麗なんですけどね、ボク的には本体が主役なのでできればその周辺のものはあまり主張の強すぎない、地味な物にしておきたい考えです。

iPad 4th 用 Smart Cover と比較してみる

特に比較してどうという物では無いのですが、せっかく手元に比較対象があるので比較してみます。

Ipadair smart cover 20131106 2

見てすぐに皆さんお気づきでしょうが、4分割から3分割に変更されています。これは先の iPad mini の Smart Cover に採用されたものと同じですね。

当然ですが、本体サイズが変更になっているので 4th 以前のものは流用できなくなりました。

マグネット部までカバー

Ipadair smart cover 20131106 3

これまた iPad mini 用と同じデザインになりました。

Ipadair smart cover 20131106 4

従来品はマグネット部は金具として剥き出しでしたが、Air 用はマグネット部までカバーされています。

スタンド利用 3分割へ変更された影響など

Ipadair smart cover 20131106 5

3分割になりましたが、スタンド時に高さに当たる部分の長さが概ね同じなので、キータイプスタイルで利用しても角度に差はほとんどありません。

ベゼルが細くなった分、サイズが短くなっているので若干角度が付いている感じですが、概ね変化無しです。

Ipadair smart cover 20131106 6

ただし、3分割化されたことで一辺の長さが長い部分が当然出てきますので、この通り若干ですが設置スペースを広く取る形になりました。

フォトスタンドスタイルではどうか

Ipadair smart cover 20131106 7

こちらも同様。ご覧の通り、角度的にもほぼ変わりません。

気になった点など

これまで利用していた Smart Cover とほとんど使用感も変わらない iPad Air Smart Cover ですが、ちょっとだけ気になったのがベゼルが細くなったせいか、フタ側のマグネットのくっつきが 4th より弱い事。

これは構造上仕方ないですね。前述の通りボクの場合はカバーとしてよりもスタンドとしての役割のほうが重要なので大丈夫です。

当然ですがカバー本体と接続する根元のほうはしっかりくっつきます。

使い勝手に変わり無し

当然といえば当然なのですが、使い勝手には差はありません。本体と接続する部分の金属がカバーされている分、こちらの方がスッキリしている感じがします。

背面は前回の投稿でご紹介した ELECOM 製のシェルカバーを装着しており、背面のデザインを隠す事無くスタンド機構を手に入れることができました。

背面までスッポリ覆ってしまう iPad Air Smart Case もありますので、特に背面を覆ってしまう事に抵抗が無い方はそちらの方が結果的にお得かもしれません。

このあたりは各自のお好みでチョイスして下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサード リンク

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

TOP↑