2012年11月19日

iPad mini と iPad 4th の Wi-Fi + Cellular モデル発売が予定より遅くなる可能性あり!?

スポンサード リンク

Checking out the iPad Mini at the SF Apple Store

購入者の大半から絶賛の声が聞こえてくる勢いの iPad mini 、現在は皆さんご存じの通り Wi-Fi 版のみの流通となっていますが、先日アメリカでは Wi-Fi + Cellular モデルの販売が開始されました。

ところがアメリカでは商品の供給不足の為に Apple Retail Store 以外では 2週間待ちの状態となっているそうです。

この事からアメリカ各キャリアは、顧客満足度を意識して、販促を自粛。供給不足の状態で過度な需要を煽らないようにしているそうです。

国内は 11月30日発売濃厚とされてきたが

Wi-Fi + Cellular モデルの国内モデルは、11月30日発売が濃厚といった情報もあったようなのですが、この事をうけて日本の発売は12月までズレ込んでしまうのではないかとの見方が強くなっています。

現在の所、SoftBank 、KDDI 共に詳しい情報は発表しておらず、今後の発表が待たれます。

ソース: LINKMAN

LTE 対応はもとより、テザリング対応の期待が高まっている!?

iPad mini および iPad 4th の Cellular モデルは LTE 対応とされていますが、テザリング対応については現在不明といった形になっています。

iPad mini が テザリング対応しなくても iPhone 5 でテザリングできる人はそっちで間に合うんじゃないの?とボクは思っていたのですが、「なるほど」と思わされる点が1点ありました。

バッテリー容量の違いです。

iPad mini は iPhone 5 の3倍の容量のバッテリーを搭載しています。この条件だけでテザリングを利用するユーザーがどちらが有用性が高いかは一目瞭然。

もっとも、iPad mini Wi-Fi モデルを外で使う
という用途なら iPhone 5 のテザリングで十分ですし、むしろ2回線目を持つ意味が分かりません。

ただし、これが他の Wi-Fi 機器を状況に応じて使い分けるとなると、iPad mini がモバイルルーターに置き換わり、しかもそれ自体が携帯性の高いタブレット端末であるわけです。

これまでモバイルルーターを契約していた方には、ちょっとした選択肢になり得ますね。

ただ、まだ iPad mini がテザリングに対応するかどうかは未定であり、なおかつ月間通信量についてはある程度の制限が設けられるのは避けられないと思われますので、利用スタイルによっては意見が別れる所でしょう。

このような背景からキャリアからの詳しい情報の発表を待っている方も少なくないかもしれませんね。

機動性の高さから外でバリバリ使いたいユーザーは Cellular モデル一択な方もいらっしゃるかもしれませんし、いずれにしても早く発表・発売になって欲しいですね。

かくいうボクは Wi-Fi 版でいいから欲しいのですが、なかなか懐事情がソレを許してくれません(´Д⊂

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサード リンク

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

TOP↑