2013年12月6日

9.7インチ iPad Air と 7.9インチ iPad mini Retina Display モデルのある生活

スポンサード リンク

Ipad mini retina 20131116 01

このブログではまだ書いていませんでしたが、iPad mini Retina Display モデルを購入しています。

Apple Store から購入した 16GB Wi-Fi モデルのシルバーです。

開封時の様子は本館ブログで書いていますので、良かったらコチラもご覧になって下さい。

発売日にポチッていた iPad mini Retina ディスプレイモデルが届きました

iPad Air と iPad mini の共存

iPad Air と iPad mini Retina Display モデルが発表になった時、大半の方が「どちらにしようか」という記事だったり、意見だったり。

新しく2つ出たなら2つとも買えばいいじゃないというどこぞのマリーアントワネット的な話はあまりポピュラーではありませんでした。

Air に続いて mini まで購入するというのは結構な出費です。16GB モデルとはいえ、普通に MacBook Air くらいなら変えてしまう金額に到達します。

それでも両方購入するには共存させる意思があるからに違い有りません。

そして共存させるということは両者を使い分けるという事が前提になってきます。

ここでは iPad mini Retina モデルで初めて iPad mini を入手したレビューも兼ねて両者の使い分け状況なども書いてみたいと思います。

利用者による使い分け

この項目は我が家の事情であってちょっと全ての方に当てはめるのはどうかと思いますが、iPad Air は家族と共用、iPad mini はボク専用というスタンスで扱っています。

出来る事は同じモノであるにも関わらず、これだけで Air と mini を切り離して考える事ができます。

Air の Safari には他のデバイスのブックマークは同期しませんし、ボクが使わないアプリもインストールされます。ただ、家族は頻繁に Air を使うわけではないので、大半はボクのデスクの上に鎮座しているのが現状となっています。

一方 mini は Mac や iPhone と Safari のブックマークも同期しますし、Gmail やスケジュール管理なども利用しています。

デバイスの共有を行うと分かりますが、家族とはいえ案外プライベートは存在するものです。

Air の大画面が得意とする事とは

大画面といっても 9.7 インチですが、iOS デバイスの中では現在最大のサイズです。

このサイズを活かせる用途を考えるとボクの利用範囲では以下のようなモノが当てはまります。

  • スタイラスペンを使ったスケッチ
  • 漫画を読む
  • 動画を再生する
  • ゲーム

とりわけ mini では苦手と言うことでは無いのですが、両者で同じ事をした場合にどちらが効率がよかったり快適かということで選定しています。

スケッチやメモ書き

単純に画面が大きい方が小さく書かなくて済むからという理由です。画面解像度は同じなので入れられる情報量は同じですが、細かい描写はやはり大きな画面のほうがやりやすいです。

漫画などの電子書籍

電子書籍については漫画や雑誌など、絵や写真が重要な役割を果たすものは大きな画面のほうが読みやすいです。

一方、活字のみの場合は mini のほうが楽です。これは紙の本でも同様に雑誌は比較的大きく、活字の本は文庫本サイズでも問題無いのと同じ理屈なのではないかと思って居ます。

動画再生

一人で見ている時は然程気になりませんが、二人以上で閲覧する場合はやはり大きい方が良いですね。

若干ですが、Air の方がスピーカーも大型のものを装備しているはずですので、そう言う意味でも。

ゲーム

ゲームにもよりますが、往々にして画面が大きい方が迫力も操作性も上がります。

ただし、ボクが今熱心にやっているパズドラに関しては iPhone が一番しっくりくるので、やはりゲームによる所は大きいです。

麻雀なんかは快適にプレイできますね。タップする牌が大きいので非常にプレイしやすいです。

レースゲームなども軽くなった Air ではより快適になったと思います。

iPad mini が得意とする事とは

iPhone と Air の中間に位置するサイズの iPad mini ですが、このサイズがもたらす利便性というのは実際に使って見ないと分からないものでした。

くどいようですが、ボクの利用範囲でお話します。

  • ニュースアプリや RSS フィードの閲覧
  • メール管理
  • 活字主体の電子書籍
  • スケジュール管理
  • web閲覧

iPad mini の場合は目的をハッキリさせて使うというよりも、使う場所を選ばない事のほう大きなウェイトを占めている気がします。

上記に上げた事の大半は「なにかしらの閲覧」で有ることが殆どです、つまりビューワーとしての利用です。

家庭内モバイル端末

我が家は決して広くはありません、むしろ狭い方だと思いますがそれでも自室からリビングに移動するさいに持って行って上記の殆どが行えます。

ちょっとコーヒーを入れようとキッチンに向かった際もお湯が沸くまでの時間を iPad mini で RSS 消化してみたり、ニュースを読んでみたりと家庭内モバイルが頻繁に行われます。

家の中では iPhone に取って代わるデバイス

これまではこのような役目を iPhone が担っていましたが、iPhone より快適なビューワーで、しかも持ってうろうろするのに苦にならないサイズと重量というのは絶妙と言わざるを得ません。

そしてちょっと微妙な話ですが・・・

Ipad mini 20131206 001

コレです。

トイレに籠もって本や新聞を読む習慣のある方は絶対コレですw

これも同様にこれまでは iPhone でやっていたことですが iPad mini を購入してからというもの取って代わりました。

いやー、これが思いの外捗るんですよ、どう捗るのかは良く分かりませんが。

さすがに 9.7 インチの iPad を持ってトイレに籠もろうと思った事は無かったですが、iPad mini では思わずやってしまいます。

ちょっと手元でやるのに調度良いサイズ

IMG 2500

デスクではこのようなポジションに居ることも少なくありませんが、ちょっと手元に置いておくと色々と捗ります。

これは手帳を手元において作業をしている時と感覚がにているのではないかと思って居ます。

ちょっとした資料を Evernote で開いたり、メールを見ながらなど、紙の手帳では収まらない情報量が手元で確認できますので非常に便利です。

地味に電卓アプリなんかも良い感じで利用できます。

iPhone では小さく、iPad Air では大きいという、微妙なところの作業効率を上げてくれるのが iPad mini の絶妙なサイズというわけです。

両方あると両方ないとダメになる

購入当初は「どちらかで事足りるならどちらかは早々に売却しよう」とも考えていたのですが、既に両方がある状況になれてしまってダメです。

どちらが欠けても不便を感じると思います。

2台の使い分けはこれからもっと明確な物にしていこうと考えていますが、このようにちょっと使い分けるだけでも色々と便利な場面は多い為、どちらかを売却なんてとんでもない!と思うようになりました。

どちらか一つ購入すると相談されたら

両方を使っているボクが、「どちらを購入したらいいか」と相談されたらどのように答えるのか、誰からも相談もされていないのに考えてみました。

本来目的があっての購入でしょうから目的に適した方、となるわけですが、仮説なので「ボクがこれからどちらか1台を買うなら」という前提とするならば、iPad mini retina Display モデルと答えるでしょう。

やれることは全く同じ。性能も同じ。違うのは大きさだけ。

大は小を兼ねるなんて言葉もありますが、「ちょうどいい」という言葉もあります。

初代 iPad mini であれば Retina Display を搭載していない上に、スペック的に発売当初から少し低めに設定されていましたから「サイズはちょうどいいがスペック的に劣る」と言うことも言えましたが、現在はそんなこともありません。

iPhone と同等の密度をもつディスプレイは非常に綺麗ですし、なにより生活の色んな所に入り込んでくる機動力が iPad mini にはあります。

ただ、逆にその中間的なサイズが iPad アプリの一部では魅力をスポイルしてしまう事も無きにしも非ずです。

Air には大画面を活かした視認性が一番のメリットであり、それがもたらす作業効率もまた大きなモノです。

どちらかをチョイスしなければならないとすれば、現状では iPad mini の機動性と手軽さを選ぶのではないかと思います。

用途や利用者によってどちらがいいかは決め手があるはず

相手によっては高齢で小さな文字が読みづらいとか、大きなボタンが操作しやすいという理由で Air を勧めるケースも出てくるかと思います。

iPad Air は第4世代までの iPad と比較しても本当に軽くなりましたし、薄くなりました。ただ、人によって「これなら毎日持ち運べる」と「軽いけど毎日持って歩くには…」という判断は紙一重な所であることは否定できません。

自分で問題提起しておきながらなかなかコレといった結論が出ない程、両者ともに優れた端末には違いないわけです。

これからいずれかを購入しようと考えている方や、旧来機からの買い換えを考えている方は、これらを踏まえた上でどちらが自分の利用スタイルに適しているか、どちらのユーザー体験に興味があるか、といった点で選択してみてはいかがでしょうか。

どちらを選んでも後悔しない。出来る事は同じ

Air miin 20131206

正直なところ「ボクが誰よりも iPad を活用出来ている!」というわけではないので訴求力は微妙なものかもしれません。

しかし、一度使うと無い生活が不便で有ることは容易に想像が付くところまで来ています。

同じ容量なら mini の方が1万円安いから、という理由で mini を選ぶのもアリだと思いますし、大は小をかねる理論で Air を選ぶのもまたアリだと思います。

両方購入してもその性格の違いはすぐに気づくはずです。

どちらを購入しても、両方購入しても、大半の方は後悔しないと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサード リンク

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

TOP↑