2013年9月21日

iOS 7 にアップデートした iPad ファーストインプレッション

スポンサード リンク

Ios7 firstimpression 20130920 10

9月18日深夜26時頃よりリリースされた iOS 7 、既に導入された方も多いかと思います。

新 OS の導入は不具合などの不安からすぐに着手できない方もいらっしゃるかと思いますが、今回は特にコレといった致命的な不具合の報告も飛び交う事無く、みなさん運用しているようですね。

脱獄されている方以外は様子見されていた方もアップデートされた方多いのではないでしょうか。

そんなボクもまずは iPhone で様子をうかがい、次に iPad をアップデートするといった段取りを踏みました。

今回 iPad (4th)を iOS 7 にアップデートした感想など、書いてみたいと思います。

なんといってもフラットデザイン

Ios7 firstimpression 20130920 03

アイコンは勿論、OS の随所がフラットデザインに変更されました。シンプルで美しい UI は見ていて気持ちがいいのですが、時折分かりにくい箇所もあり、一長一短といった感じでしょうか。

コントロールセンター

Ios7 firstimpression 20130920 04

新しく追加になったコントロールセンターを iPad で開いてみたところ。

iPhone にはコレに加えて電卓とフラッシュライトへのショートカットアイコンがありますが、iPad では省略されています。

そもそもiPad にフラッシュライトはついてないですが。

明るさの調整や Wi-Fi のオン・オフ、画面の固定などがここで素早く行えるのは便利ですね。

新しくなった通知センター

Ios7 firstimpression 20130920 05

通知センターもこの通り刷新されています。左右にフリックすることで「今日 ←→ すべて ←→ 未確認」を切り替える事ができます。

カメラアプリも新しく

Ios7 firstimpression 20130920 06

こちらも iPhone 同様のインターフェースになっており、スクエアの撮影モードが追加されています。

しかし、iPhone には更にパノラマ撮影や、エフェクト機能が装備されており、この点は異なっています。

iPad でパノラマは不必要かと思いますが、エフェクトはあっても良かったのでは。

iOS 6 で物議を醸し出した時計

Ios7 firstimpression 20130920 07

iOS 6 のリリース時に「どこぞの時計のデザインをパクっている」と話題・問題になった時計ですが、 iOS 7 ではデザインが変更になっています。

特にクセのないシンプルなものになっていますね。

iOS 7 を導入したユーザーは iWork 等が無料!のはずが!?

Apple の発表でちょっと勘違いして解釈していたのですが、どうやら iOS 7 を導入した端末では iWork を始め、iPhoto 、iMovie が無料で提供されるようになったようです。

iPad 版 iPhoto を購入しようか迷ったまま購入していなかったのですが、コレはラッキー!

さっそくインストールしてみようと思ったら…。

Ios7 firstimpression 20130920 00

ん?無料ではない・・??

Ios7 firstimpression 20130920 09

iPhone では無料ということになっていますね。

そこで先に iPhone で Pages などをインストールしてみることに。

Ios7 firstimpression 20130920 08

すると iPhone でインストールしたものは iPad でも無料でインストールが可能になりました。(もちろん同一の Apple ID で紐付けされている必要があります)

この状況だけ見ると、iPhone から先にインストールすると無料で、iPad だけでインストールしようとすると有料ということに見えます。

既にインストールしてしまったので検証できませんが、iPad からインストールすると本当に850円決済されてしまうんでしょうか。それとも決済されない案内が途中で出てくるのでしょうか。

このへんの作りがよくわかりません。

iPhoto 、iMovie も同様の手順で iPad にも無料でインストールする事が出来ました。

操作感はどうか

正直、現段階で最新にあたる iPad 4th での利用は快適だろうと思って居ましたが、予想に反して若干もっさりした動作の印象です。

iPhone 5 がサクサク動作していたので同等かそれ以上では無いかぐらいの期待をしていました。

iPad Retinadisplay model の液晶画面は大きく、動かす画素数も多いので視覚効果の多い iOS 7 は負担なのかもしれません。これは画面遷移のアニメーションがフェードインする効果も手伝ってそのように感じるのだと思われます。

それでなくてもタップから動作までに微妙な間を感じる事があり、新 OS がハードに負担で有ることが伺えます。

iOS 7 は iPad2 から対応していますが、iPad2 や同等のスペックにあたる iPad mini ではどうなのでしょうか。ディスプレイの画素数が少ない分、負担が軽いアドバンテージと、スペックが一段階落ちるビハインドで案外同様の操作感だったりするかもしれません。

これについては実際に触ってないので予想の域を脱しません。参考にならなくてスミマセン。

アプリの対応状況は

iPhone でもそうでしたが主要アプリは殆ど正常に動作します。

ボクがインストールしているアプリでは Calclator LCD という電卓アプリが唯一動作しませんでした。

気に入っていたので残念ですが、これについては代替えアプリで対応できますので、そのようにしたいと思います。

iPhone での印象は

ボクのメインブログである hayakuyuke.jp の方で iPhone に導入した際の感想なども記事にしています。

今回の記事とほとんど同じような内容ではありますが、よろしければこちらも併せてご覧下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサード リンク

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

TOP↑