2012年10月4日

タブレットに全く興味がなかったボクが iPad を買った顛末

スポンサード リンク

iPad @ Apple Store

こんなブログを執筆するようになったと言うことは、今となっては驚きの変貌ぶりなのですが、実はボク、タブレット端末に全く興味がありませんでした。

そんなヤツがどういう経緯で iPad を愛して止まないユーザーになったのかというお話をしたいと思います。

始まりは Mac

MacBook Air

Apple 製品の入り口は人それぞれですが、iPhone からという方が最近では多いのではないでしょうか。

ボクの場合は Mac が最初の Apple 製品。

MacBook Air を購入したのがきっかけで、そのままナチュラルに iPhone へ。

当時スマートフォンは Xperia(SO-01B)をメインで使っていましたが、すっかり iPhone メインへ移行していきました。

Xperia は好きなので、現在も併用しています。

ボクの場合は Mac が生活の中心になりつつあるので、コレが大きく影響していると思うのですが、そのまま興味は 人気 Apple 製品である iPad へ。

この頃は興味を持った物の「こうして使いたい!」といったビジョンや目的意識は全くありませんでした。

人気の製品がただ欲しい。

興味本位で買うにはちょっと高い

ボクがわずかな興味を持ったその時、現行機種は iPad 3rd でした。既に Retina Display を搭載した3代目 iPad は最も安価な 16GB Wi-Fi モデルでも4万円強です。

決して安い買い物ではありませんが、興味を持ったらとまらなくなりました。

気がつけば、興味を持って1週間足らずで手元に iPad 3rd Wi-Fi 16GB モデルが手元にあったというわけです。

ここ数年の中でもダントツの衝動買いだったと言って良いと思います。しかも恐ろしい事に、iPad の本質については何も理解してないまま「興味」だけで入手してしまっています。

買い物上手になったと錯覚してしまう満足度

そんな興味本位で購入した iPad でしたが、Retina Display の美しさに興奮し、10インチ弱の液晶は、スマートフォンになれた者には既に大画面以外の何物でも無く、その中で動くあらゆるアプリが快適似動作する様は何とも楽しい。

「iPad ならでは」な新しい体験もありますが、スマートフォン利用者には「こんな事ができるのか!?」みたいな事はあまり起こりません。

しかし、パソコンやスマートフォンで行っていたちょっとした事が、大きめのタッチパネルでサクサク出来てしまう手軽さが「新鮮」だったのでしょう。

コレは買って良かった!いや、もっと早く買っておけば良かった!

と、良い買い物をした事に自画自賛してしまう勢いです。

どういうことをやっているかとか、何が便利だとか言う事は今後このブログで書いていこうと思いますが、最初の印象は「とにかく使う事が楽しい」コレでしたねー。

事前にパソコンと付き合った期間や、スマートフォンの利用経験の有無で、必ずしも皆さん同じ印象かどうかは分かりませんが、印象の方向が多少違ったにしても多くの人が「オモシロイ機械だ」と思うのではないでしょうか。

店頭でちょっと触った時は最初「ふーん」と、少し冷めた距離感で見ていましたが、自宅で自分の使い方をした時、真の iPad の姿が見えてきたと言っても過言ではありません。

今後 iPad もモデルチェンジしてどんどん高性能になっていくと思いますので「一生物」的な存在ではないかもしれませんが、少なくともボクはタブレット端末の印象が180度変わったので、モデルチェンジにも付き合いながら、長く使っていきたいと思っています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサード リンク

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

TOP↑