2012年12月2日

SoftBank スマホ下取り割で iPad の下取りを開始

スポンサード リンク

Ipad shitadori 20121202 0

いよいよ iPad mini , iPad 4th の Wi-Fi + Cellular モデルの取り扱いが国内でも始まりました。

iPhone 5 の発売時に SoftBank は「下取りサービス」を開始しましたが、今回 iPad シリーズの発売に合わせて iPad も下取り対象にするキャンペーンを行っています。

申込期間は2013年1月31日まで。

初代 iPad から第3世代 iPad まで、それぞれ通信方式・容量によって価格が設定されており、査定額は毎月1000円ずつ、利用料金から割引する形で還元されます。

Ipad shitadori 20121202 1

下取りに出したい?出したくない?

iPhone 5 の発売時に行われた下取りサービスの時も同じ印象だったのですが、ボクは全く魅力を感じません。

査定額については、程度に関わらず一律としている所からある程度リセールを前提にした物に落ち着くのは仕方ないと思いますが、それを最大20ヶ月もかけて相殺となると、上手な買い物をしている気はあまりしないと思うのですが…。

iPhone 5 の時は「こんな下取りで出す人いるんだろうか」と思いましたが、ボクの印象とは裏腹に、意外と利用している人が居た様子だったのは驚きました。

まぁ、iPhone の場合は「電話もできない携帯電話」という存在になる方は、家に置いてあっても仕方ないので「不要品を下取りに出せば割引される」という感覚は少なからずあったのかもしれません。

ボクのようなガジェット好きは「 Wi-Fi で使える」とか「iPod 的存在」と、立ち位置を変えてでも置いておこうとしそうな物ですし、売却したいと考えるならオークションに流します。

それが困難であれば中古ショップに持ち込んでも SoftBank が出した査定額とあまり変わらないような気がしました。

これが iPad だとどうなんでしょうね。

携帯電話である iPhone とは訳が違うだけに、なおさらこのような毎月少額の割引券にするような真似はしたくない気がするのですが…。

もちろん価値観の違いもありますから100%の共感は得られないと思っては居ますが、それでも大半の方は同じ印象なんじゃないかと思いながらこの記事を書いています。

イニシャルコストに大きく影響しない分割下取りは、こと iPad に関しては効果は薄いと思うのですが、皆さんの印象はいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサード リンク

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

TOP↑